4/18《噺小屋》卯月の独り看板 柳家小満ん 雪月花 九@国立演芸場

柳家小満ん雪月花九4/18に開催されました《噺小屋》卯月の独り看板
柳家小満ん 雪月花 九@国立演芸場にご来場頂き、
まことにありがとうございました。

情景で面白さが伝わってくる小満ん師匠の高座。
今回は上方ネタも入っての番組となりました。

番 組

一、牛ほめ     柳家 寿 伴
一、時そば…月   柳家 小満ん
一、鶴満寺…花   柳家 小満ん
ー仲入りー
一、不動坊…雪   柳家 小満ん

三味線・笛:恩田えり
鳴 物:三遊亭ふう丈

4/14 第72回 扇辰・喬太郎の会@国立演芸場

第72回 扇辰・喬太郎の会4/14に開催されました
第72回 扇辰・喬太郎の会@国立演芸場に
たくさんのご来場ありがとうございました。
今回も満員御礼、ありがとうございます!

ふたりともネタ下ろしは短めな噺でしたので、今後、寄席でお聴きいただく機会もあるのでは、と思います。

プログラムは池袋演芸場時代から引き継いで、喬太郎師に毎回書いて頂いております。

★次回は9/8(土)18:30@国立演芸場です。

番 組

一、一目上がり        柳 家 寿 伴
一、かぼちゃ屋(ネタおろし) 柳 家 喬太郎
一、蒟蒻問答         入船亭 扇 辰
-仲入りー
一、死ぬなら今(ネタおろし) 入船亭 扇 辰
一、偽甚五郎         柳 家 喬太郎

三味線・笛:恩 田 え り
鳴   物:三遊亭 ふう丈

★マクラでも出ておりましたが
喬太郎師ただいま稽古格闘中の、こまつ座公演「たいこどんどん」は
5/5~5/20@紀伊国屋サザンシアターです。
http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html

祝!入船亭扇遊師匠、芸術選奨文部科学大臣賞受賞

入船亭扇遊師匠が平成29年度の芸術選奨文部科学大臣賞を受賞されました。

主な受賞理由に昨年のいがぐみ製作
《噺小屋》如月の独り看板 入船亭扇遊「鼠穴」@国立演芸場
をあげて頂きました。

芸術選奨の贈賞理由
「 平成29年2月2日,「入船亭扇遊 独演会」(東京・国立演芸場)での落語
「鼠穴 (ねずみあな)」は、絶品の芸だった。
兄弟の確執をべとべとさせる手前で押しとどめ、
江戸の冬の一場面を輪郭もはっきりと描き切った。
日頃聞かせる落語の質はどれも高く、「牡丹灯籠」、「付き馬」など、
豊作の年だった。
古典落語に受け狙いのくすぐりを差し込むことが落語の悪しき潮流になっているが、
氏は余計なことを一切入れない。それでいて、きちんとおかしい。
高く評価されるべきである。」

昨日扇遊師匠からもお電話頂き、たいへん喜んでおられました。

あの「鼠穴」口演後に舞台袖にいても伝わってきた
ジワのようなお客席のどよめきは、今も忘れられません。
《噺小屋session とざい、とーざい》南光×扇遊@国立演芸場で
掛けて頂いた「付き馬」も、
街の空気がざっと浮かび上がってきたような素晴らしい高座でした。

扇遊師匠は、公演に対してのこちらの思いにひときわ真摯に誠実に
芸で応えてくださる方です。
その毎回の高座に対する姿勢も含めての受賞であったと思います。

落語会は、ご承知のように演者とその日のお客様の掛け合わせで生まれる
一度きりの生ものです。
あの芸を引き出したお客様方とご一緒できたことに感謝いたしております。

《噺小屋》独り看板シリーズは、地味な毛色の公演ではありますが、
噺の力を存分に引き出してくださる師匠方にご出演頂いております。
このシリーズ公演を応援して足を運んでくださっているお客様方に、
あらためて心より御礼申し上げます。
そして落語の業界でご飯を食べている以上、
業界に恩返しが少しでもできればと思っておりましたので、
今回このような公演でお手伝いできたこと、本当にありがたく思っております。

さてさて、その扇遊師匠の独り看板、次回は6月開催です。
3/8に一般発売開始いたしました。
扇橋一門のネタと言ってもいい「藁人形」、
お久しぶりの蔵出しで掛かります。どうぞお見逃しなく。

《噺小屋》水無月の独り看板 入船亭扇遊
6/9(土)18:30 国立演芸場 全席指定-3600円
ご来場お待ちいたしております。
入船亭扇遊「藁人形」

3/6 CD同時発売記念落語会 白酒×兼好 毒を盛って毒を制す!?其の二!@博品館劇場

3/6に開催されましたCD同時発売記念落語会
白酒×兼好 毒を盛って毒を制す!?〜其の二!@博品館劇場に
ご来場頂き、まことにありがとうございました。
昨年に引き続き2年目の公演、
今年は追加公演として昼の部も開催させて頂きました。
平日の昼間にも関わらず、
たくさんのお客様にお運び頂きました。
昼夜別演目、別内容の毒毒トークにてお届けしました。
おかげさまでCDもたくさんお買い上げ頂けたと
日本コロムビアも喜んでおりました〜。
そしてご出演頂きました白酒師匠は、
芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞されましたね。
おめでとうございます!!

番 組
○《追加公演》昼の部
一、オープニング毒毒トーク  白酒×兼好
一、浮世床 ー本ー      桃月庵 白酒
一、一分茶番         三遊亭 兼好
ー仲入りー
一、粗忽の使者        三遊亭 兼好
一、明 烏          桃月庵 白酒

●夜の部
一、オープニング毒毒トーク  白酒×兼好
一、黄金の大黒        三遊亭 兼好
一、山崎屋          桃月庵 白酒
ー仲入りー
一、氏子中          桃月庵 白酒
一、竹の水仙         三遊亭 兼好
昼夜とも
前 座:三遊亭 じゃんけん
三味線:恩 田 え   り
鳴 物:入船亭 遊   京

2/13《噺小屋スペシャル!》如月の三枚看板 喬太郎+文蔵+扇辰@銀座ブロッサム

2/13に開催されました《噺小屋スペシャル!》
如月の三枚看板 喬太郎+文蔵+扇辰@銀座ブロッサムに
たくさんのご来場、ありがとうございました!
9年目のこの会、完売御礼となりました。
今年は扇辰師匠のお誕生日でしたので、
お囃子のえりさんから、出囃子代わりの
♪happy birthday to youのプレゼント。
お客様の手拍子に迎えられて高座に上がった扇辰師、
ちょっと恥ずかしそうでしたね。

番 組
一、や か ん    橘 家 かな文
一、紫檀楼古木    入船亭 扇 辰
一、化け物使い    橘 家 文 蔵
ー仲入りー
一、ぺたりこん    柳 家 喬太郎

三味線・笛:恩田えり
太  鼓:入船亭遊京

12/5《噺小屋》一天四海 龍志・扇遊・鯉昇・正蔵の会 ー冬紅葉の刻ー@国立演芸場

12/5 一天四海12/5に開催されました
《噺小屋》一天四海
龍志・扇遊・鯉昇・正蔵の会
ー冬紅葉の刻ー@国立演芸場にお運び頂き、まことにありがとうございました。

喜多八師匠亡き後、「落語睦会」の後継として昨年暮れにスタートしました
この「一天四海」、おかげさまで無事1周年を迎えることができました。
昨夜は正蔵師匠がトリで、これでちょうど一巡です。

じっくり聴いて反応してくださるいいお客様方に助けられ、
またお互いの高座に刺激を受けて充実感いっぱいの4師匠でした。

写真は、打ち上げ後半の出演陣の楽しそうなお顔。
来年は5/15(火)からスタートします。
またのご来場をお待ちいたしております。

そして年内の《噺小屋》は「一天四海」でお開きとなりました。
今年も一年、たくさんの公演にお運び頂き、
本当にありがとうございました。

番 組
一、寄合酒   瀧 川 鯉佐久
一、武助馬   瀧 川 鯉 昇
一、富 久   入船亭 扇 遊
ー仲入りー
一、笠 碁   立 川 龍 志
一、山崎屋   林 家 正 蔵

三味線:恩 田 え り
鳴 物:入船亭 遊 京

11/29「秘密の小三治」@新宿文化センター

11/29 秘密の小三治プログラム11/29開催の「秘密の小三治」@新宿文化センターにご来場頂き、まことにありがとうございました。

※ご来場頂きましたお客様には公演中、
マイクのお聞き苦しい点がありましたところ、
落語の最中に他の施設の音楽が客席に漏れてきました点等、せっかくお越し頂きましたのに
ご不快な思いをおかけしまして
たいへん申し訳ございませんでした。
番組は、
お配りしました三三師匠が描いたプログラムも
変更となってしまうほどの
秘密ぶりでお届けとなりました…。

番 組
一、オープニングトーク   柳家 小三治
一、覆 面 座 談 会   小三治一門
ー仲入りー
一、紙 切 り       柳家 一 琴
一、死   神       柳家 小三治

11/20《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第三夜 立川龍志「子別れ」通し @東京芸術劇場シアターウエスト

11/20に開催されました
《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第三夜
立川龍志「子別れ」通し
@東京芸術劇場シアターウエストに
ご来場頂き、ありがとうございました。

龍志師匠にはこの一年、「一天四海」メンバーとして
《噺小屋》にご出演頂いておりますが、
「独り看板」としては初登場。
ホールでの独演会が珍しい方でもあります。

談志師匠が落語協会に在籍中に入られたお弟子さんで
二ツ目の金魚家錦魚時代に口演した「鼠穴」を聞いてすぐ
先代の中村勘三郎が龍志師匠のお宅に電話をしてきて
なにかと贔屓にされたというのは知る人ぞ知る…ですが
龍志師匠「面倒臭くて居留守使っちゃったりしたんだよネ」と
笑っておりました。

向島生まれの本物の江戸前のサッパリとした口調で
熊さんのぽんぽんと出てくる小気味の良い台詞を聴くのは爽快。
通しとは言え、さくさくと中だるみするところもなく進み
ふつうはどうしても濃厚になりがちな「子は鎹」においても
むしろさらりと、しかしながらその中に優しさが滲んだ
カッコいい高座でした。
来年も独り看板にご登場の予定です。

11/20 立川龍志プログラム番 組
一、動物園     笑福亭 茶 光
一、子別れ 上中  立 川 龍 志
-仲入り-
一、子別れ 下   立 川 龍 志

11/19 柳家小三治・三三 親子会@銀座ブロッサム

11/19 柳家小三治・三三 親子会@銀座ブロッサムに
お寒い中をたくさんのご来場、ありがとうございました。

例年暮れの小三治独演会でお届けしておりますが
夏に大きな手術をなさった小三治師匠の体調を鑑み
今年は親子会でお届けしました。

術後の経過も良好なお元気な小三治師匠と
人気実力派の三三師匠の高座
笑い声いっぱいのお客席でした。

小三治師匠が描く落語国の住人たちは、
みんなどこかのほほんとして、そして楽しげで、
あーいいなあ~と聴き手をホッとさせてくれますね。
ほんわかと心が温まりました。

番 組
一、二人旅    柳家 小かじ
一、星野屋    柳家 三 三
ー仲入りー
一、奇 術    花島 世津子
一、出来心    柳家 小三治

11/7《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第二夜  橘家文蔵 酒三態〜酒サケさけ

こちらも遅ればせながら…先週東京芸術劇場シアターウエストにて
開催されました《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第二夜
橘家文蔵 酒三態にご来場頂き、ありがとうございました。
昨年は同劇場のプレイハウスにて
昼夜の襲名披露興行を開催させ11/7 橘家文蔵プログラムて頂きましたが
文蔵を襲名してもう1年。あっという間ですね。

独り看板初登場の番組は、
酒にまつわる文蔵師お得意の3席でした。
お客様の感想にもありましたが、
酒の噺がピッタリな師匠。
「猫の災難」の酔っていくさまに、
ご自身の姿を重ねて
身につまされる感まで味わってしまったお客様も
多かったのではないでしょうか?笑
楽しい笑い声と最後はホロリの和やかな会となりました。

番 組
一、金明竹   橘家 かな文
一、寄合酒   橘家 文 蔵
一、猫の災難  橘家 文 蔵
-仲入りー
一、子は鎹   橘家 文 蔵